スポンサードリンク

ネットブック用Windows7に新基準を設ける予定のマイクロソフトって!?

 安っ!


最新情報だと、Windows7は低価格になると予想されている。

よってネットブックの性能にはいろいろ制約が課されるらしい。

たとえば、液晶画面。

10.2インチを超えると、ネットブック用のWindows7は適用されなくなる。

また、HDDは最大250GB、SSDは最大64GBに制限される。

クロック周波数は2GHz、CPU電力は15W以下となる。

まあ、これでネットブックが安くなるのであればユーザーとしても特に問題にならないのではないでしょうか。

>> いろいろなネットブックの最安値を知りたいならこちら <<





情報ショップ!のTOPページへ

3年以内にウィンドウズの新バージョンって、少し早くない??コードネームはWindows7

あまりにも早い次期ウィンドウズバージョンのWindows 7の情報。

もうはっきり言ってバージョンアップをしていくのがばからしくなってくる。

どんどん使いやすくなればいいのだが、テクノロジーの進化と共に操作法もさらに難しくなってきている。

年配の方々もパソコンを使う時代になってきているが、それとは逆行する操作性の複雑化。

ぜひとも使いやすい「Windows」を目指して欲しいというのが消費者の意見ではないだろうか・・・・。

マイクロソフト、米ヤフーとの合併交渉開始!!

マイクロソフトが米ヤフーに500億ドルで買収提案をしているとニューヨークポスト誌が伝えてきた。

以前にもそうした買収話が上がったことがあるが、結局実らなかった。

今回は一発グーグルとのマジ対決をするかもしれない。

世界で人気の高いウェブサイトの一つヤフーの買収は、新広告主の獲得を見込め、また反対にヤフーにとっては新オンライン広告システム導入でマイクロソフトの技術力を生かすメリットが生まれてくる。

しかし、面白いのはヤフーの創業者ジェリー・ヤンのグループがマイクロソフトに強い反感を持っていて、その辺りがどうなるかがポイントとなるかもしれない。

マイクロソフトの力もここまでか?

Gartnerフェローにてバイスプレジデントを務め、またアナリストでもあるDavid Smithが、4月25日「Gartner Symposium ITxpo 2007」で注目の発言をした。

Smithは「Microsoftが最大の影響力をふるった時代は去った」

そして「もうマイクロソフトは皆が恐れる企業ではない」とも。

Googleといつもいろいろな点で競争してきたマイクロソフトだが、Googleが優位な点がいくつも出てきているだけにこの発言はもっぱら間違っているものではない。

ただし、全体としての優位性や、いざという時の底力はまだマイクロソフトにあると言える。

さらに組織再編や人事に関しても調整が難航しており、今や巨大化してしまったお化け組織をまとめようと必死なのかもしれない。

ご存知のように最新のソフトウェアが思ったよりもうまくいかず、例えばLive Messenger等苦戦している分野がある。

初心に帰るとはどういう意味か・・・・。考える時に来ている。
最新のノートパソコンを格安で手に入れよう!

キーワード例
Aspire One 格安
IdeaPad 格安
Eee PC 格安
VAIO セール
VAIO ○○県 セール
SOTEC DC101 セール
SOTEC DC101 ○○県 セール


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。