スポンサードリンク

魅惑!ソニーのノートパソコン

SONY VAIO typeS SZ51B/B(CoreSoloT1300, 512MB, 80GB, 13SONY VAIO typeS SZ51B/B(CoreSoloT1300, 512MB, 80GB, 13"3ワイドTFT, DVDスーパーマルチ) [VGN-SZ51B/B]
定価:オープンプライス


使い方に応じてモードを切り替え「ハイブリッド・グラフィックシステム」
性能は妥協したくない、でもモバイル時にはバッテリーライフを優先したいという両方のニーズを満たすために、グラフィックアクセラレーターをハイブリッド設計にした。グラフィックの切り換えにあわせて、省電力機能の設定も変えられる。家やオフィスで使用する際には、3Dゲームやハイビジョンビデオ編集に威力を発揮するSPEEDモードで。モバイル時には、消費電力を抑えるSTAMINAモードに。STAMINAモードでさまざまな省電力機能を有効にしておけば、より消費電力を抑えられる。キーボード上部のスイッチで、利用シーンに応じて切り換えられる。

静かに効率よくCPUを冷やす、新型ファン
放熱効率に優れた新型ファンと、2方向に排気するフィン構造を採用。また「Sボタン」を押すことで、会議中など静かな場所での使用時にCPUのパフォーマンスに制限をかけ、ファンの回転数が一定以上に上がらないように制御できる。これにより、デュアルコアCPUや「ハイブリッド・グラフィックシステム」などさまざまな高性能スペックを搭載しながらも、高い冷却性能と静音性を実現した。

こだわりの素材を採用。なめらかフォルムの薄型・軽量ボディ
キーボード手前のパームレストには、薄さ・軽さ・強度のバランスに優れたアルミニウム素材を採用。耐食性や耐摩耗性を高める表面処理と併せて、PC作業中の手を支えるパームレストの使い心地と耐久性に配慮している。また、本体の薄型化を追求するために、一般的な押し出し成型限界厚の1.5mmに対して、0.7mmの薄さを実現。さらにヘアライン加工を施し、高級感のあるなめらかなフォルムに仕上げた。

2画面表示も見やすい。13.3型ワイド「クリアブラック液晶」
高輝度・高コントラスト・広視野角の「クリアブラック液晶」を採用。広びろ使えるワイド画面に、インターネットやメールなど複数のウィンドウを見やすく並べて表示できる。

キーピッチ約19mm、キーストローク約3mm。タイピングしやすいキーボード
薄型・軽量のモバイルサイズに、大画面ノートにも引けを取らないキーピッチとキーストロークを確保。またキーボードを支える本体内部のパーツには、強度を保つためにマグネシウム合金を採用。しっかりとしたキータッチで快適に入力できる。

不意の衝撃からデータを守る。VAIOハードディスクプロテクション
落下時のG(加速度)や振動など、本体の異常な動きをセンサーが感知。ハードディスクの磁気ヘッドを退避させてディスク面の破損を防ぎ、大切なデータを保護する。

指紋認証センサーを搭載
センサーを指でなぞるだけのシンプルな操作で、個人認証が可能。「パワーオン・パスワード」から「ハードディスク・パスワード」、「Windowsのログイン・パスワード」までを一度に解除。パスワード入力のわずらわしさがない。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/5/3に作成しました。







SONY VAIO typeBX biz (P-M740, 256MB, 14SONY VAIO typeBX biz (P-M740, 256MB, 14"1XGA, 40GB, DVD-ROM一体型) [VGN-BX90PS4]
定価:オープンプライス




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/5/3に作成しました。







SONY Vaio U (C-M 900SONY Vaio U (C-M 900"G"Hz, 256MB, 20GB, 802.11b/g, 5"TFT) [VGN-U50]
定価:オープンプライス


世界最小・最軽量、Windows XP搭載PC
約幅167mm×高さ108mm×奥行26.4mmのコンパクトさ、約550gの軽さ。大きさや重さを気にせず、毎日気軽に持ち歩けるサイズ。OSは、データの互換性や拡張性に優れたWindows XP。プロセッサーは、低消費電力性能と高度なシステム性能で、モバイル環境でも優れたパフォーマンスを発揮する、超低電圧版インテル Celeron M プロセッサー。小さなボディに充実の性能を搭載した。手で持ったまま、ボタンやタッチパネルを使って操作できるので、場所を選ばず楽める。
* Windows XP搭載PCの中で世界最小・最軽量。(2004年5月10日現在)

持ち歩くときはタッチパネルとボタンでアクティブに操作
本体を両手で持ったときに使いやすい位置に、操作ボタンを配置。本体右上のマルチポインターは、プレスセレクト機能に対応。カーソルの移動に加え、クリック操作が行える。上下左右カーソルキーでもカーソルの操作が可能。キーの中央にEnterボタンがあるので、選択から決定までスムーズに行える。

両手で持ったまま操作できる「モバイルグリップ・スタイル」 文字を入力する
文字を入力するときは、「NextText」ボタンをワンプッシュ。画面上の入力エリアにフィンスタイラス(付属ペン)で直接書いた文字を認識する。スムーズな文章作成が行える予測変換機能も搭載。また、携帯電話のように入力する「携帯キーモード」や、画面のキーボード表示をクリックして入力する「キーボードモード」での文字入力も可能。 手書きメモを書き残す
付属の手書きソフト「PenPlus for VAIO」を起動すれば、フィンスタイラス(付属ペン)を使って、そのままデスクトップに文字やイラストを書くことができる。とっさにメモを取りたいときにも便利。また、デスクトップに手書きした文字やイラストをフセンとしてデスクトップに貼り付けたり、虫眼鏡機能で見たい部分だけ拡大して見ることもできる。 画面を90度回転する
ボタンひとつで画面表示を90度回転できる、ローテートボタンを装備。縦長のホームページなどを見るときに便利。ボタンの機能も一緒に回転するので、本体を両手で持ったままでもキー操作が行える。 拡大する
すばやく画面を拡大できるズームボタンを押すと、VGA(640×480ドット)、SVGA(800×600ドット)、XGA(1024×768ドット)の3段階に解像度を切り換え可能。1024×768ドット以上では、画面の一部を表示する仮想デスクトップモードとなり、縮小表示ウィンドウで見たい場所にすばやく移動できる。フォントやアイコンなどの大きさも表示されている解像度に合わせて最適化でき、見たい情報を見やすい大きさで確認できる。 外出先でもキーボードでしっかり入力
2つにたたんでコンパクトに持ち歩ける、折りたたみキーボードを付属。本体のUSBコネクターにつなぐだけで入力が行える。またキーボードの中央には、マルチポインターを装備しているので、マウスを接続する必要がない。

じっくり楽しみたいときは「デスクトップ・スタイル」で
USBコネクター、i.LINK端子、外部ディスプレイ出力端子、ネットワーク(LAN)コネクターなど、充実の接続端子を装備したポートリプリケーターを付属。キーボードやモニター、マウス、ストレージ機器など、さまざまな周辺機器を接続しておけば、デスクトップでも快適に使える。

他のVAIOにためたテレビ番組をワンタッチで転送
他のVAIO*1にためたテレビ番組を、ボタンひとつで転送できる。サーバーとなるVAIOとネットワーク接続*2し、「VAIO Video Download Manager」で転送したいテレビ番組のダウンロード条件を設定。あとは、ポートリプリケーターのダウンロードボタンを押すだけで、手軽に転送できる。
*1 VAIO Media Ver.2.5.01以降を搭載したテレビ録画モデル。
*2 ピアツーピアでの転送はできない。

屋外などの明るい場所でも映像を楽しめる
液晶は、「インナータッチパネル式ハイブリッドクリアブラック液晶」を採用。高輝度・広視野角・低反射を実現した。屋外などの明るい場所でも、鮮やかな画面で、映像をはっきりと見ることができる。

手元のスティック・コントローラーの操作で音楽を再生できる
カナ漢字表示対応スティック・コントローラーとインナーイヤー型ヘッドホンを付属。手元の操作で音楽の再生、音量調節ができ、外出先でも音楽を楽しめる。さらに、音楽再生時は、本体のホールドスイッチで省電力モードに切り換え可能。ホールド時は液晶表示がOFFになり、Lバッテリー装着時で約6時間の連続再生時間が可能になる。また、メールやインターネットなど、他のアプリケーションが起動中には、スティック・コントローラーだけで曲の選択や早送り・早戻しの操作ができるので、他のアプリケーションの動作を妨げずに操作することができる。

最大54Mbpsの2.4GHzワイヤレスLAN搭載
ボディに2つのアンテナを内蔵したダイバーシティー対応なので、より安定した通信が行える。スイッチひとつで、ワイヤレスLANのON/OFFが可能。カフェや駅など、2.4GHzワイヤレスLANアクセスポイントの設置施設ではワイヤレスで快適にインターネットに接続できる。

モバイル通信ツールのドライバーをインストール済み
DDIポケットのAirH"、NTTドコモのP-in @FreeD・FOMAなど、各種モバイル通信ツールのドライバーをインストール済み。本体に装着すれば、すぐにインターネット接続が可能。

ホームページを手軽に拡大・縮小。見やすい画面表示
Webコンテンツ拡大ソフト「Liquid Surf for VAIO」を付属。ホームページを快適に閲覧するために、Internet Explorerの画面表示をパーセント指定で拡大・縮小することができる。また、ワンクリックでホームページの横幅をウィンドウの横幅に合わせて、ちょうどいい拡大率で表示できる、オートフィット機能も備えている。

高度な技術で見やすさと操作性を両立した「インナータッチパネル式ハイブリッドクリアブラック液晶」
PCとしては世界初*の「フィルム/フィルムタイプ」インナータッチパネルを採用。液晶表示面とタッチパネル表面との距離が短いので、紙に書くような自然な感覚でフィンスタイラス(付属ペン)を使って画面へ書き込める。液晶パネルには、透過と反射の両方の特性を持つハイブリッド液晶を搭載。低温ポリシリコンTFTを採用し、5型でSVGAの高精細を実現しつつ、反射率を大幅にアップ。屋外などでも明るく見やすい画面を実現している。さらに、新開発の広視野角化技術と高輝度の白色LEDバックライト、多層AR処理により、映り込みが少なく、鮮明な映像を映し出しすことができる。
* 2004年5月10日現在、ソニー調べ。

画面上で各種設定機能を操作できる、ファンクションセレクターボタン
ワンタッチで画面上に各種設定機能を表示できる、ファンクションセレクターボタン。ミュート、音量調整、輝度調整などの各種設定機能を、画面に表示されたボタンにタッチするだけで操作できる。

持ち歩いて使うときの操作性に配慮した操作ボタン
マウスの右クリック、左クリックの機能に対応した「右ボタン」と「左ボタン」を搭載。さらに、液晶画面の輝度を3段階に切り換えられる「輝度ボタン」も装備している。また、設定によってボタンの機能を変更できるので、使いやすくカスタマイズすることも可能。

本体の状態を操作ボタンの光で知らせる「イルミネーションガイド」
各操作ボタンには、白色LEDを装備。暗い場所でもボタンの操作が可能。また、パワーオンやスタンバイ、ボタン操作ロックなどの状態を、LEDが光って知らせる。さらに、画面が90度回転した後に各ボタンに割り当てられる機能の移動も、LEDの動きでわかる。

モバイルでの省電力に役立つ「VAIO省電力設定」
バッテリーの持ち時間や処理の速さなど、パフォーマンス設定をわかりやすいレーダーチャートで管理できる。バッテリー使用時と電源接続時に分けて設定できるので、使用状況による省電力設定が可能。

多彩な端子を装備したポートリプリケーター
4ポートのUSBコネクターをはじめ、さまざまな端子を装備。ケーブルを抜き差しせずに、本体だけ手軽に持ち出せる。また、DC INも装備しており、本体の充電も可能。底面のチルトスタンドで角度を変えることもできる。

持ち運びに便利な、小型のモバイルACアダプター
本体と一緒に手軽に持ち歩ける、薄くて小さいモバイルACアダプターを付属。外出先で長時間使用したい時に便利。また、プラグには通電すると光る、イルミネーションランプを装備している。

大きな画面に映し出して楽しめる、ディスプレイ/LANアダプター
外出先でプロジェクターなどの外部ディスプレイを接続する場合は、アダプター本体についている外部出力ボタンで、ON/OFFの切り換えができる。また、ネットワーク(LAN)コネクターもアダプターに装備されている。

使いやすさを考慮したファインタイラス(付属ペン)
液晶画面に文字を入力したり、操作ができる、フィンスタイラス(付属ペン)は、書きやすさを考慮したフィン型のデザイン。また、本体につけるストラップがあり、使いやすい長さに調整できる。

充実のプリインストールソフトウェア Do Vaio
音楽、写真、DVDなど、AVエンターテインメントが楽しめる。直感的な操作で各コンテンツにスムーズにアクセスできる。 Sonic Stage
音楽配信サービスの利用から、手持ちの音楽CD録音/再生、Net MD転送、オリジナルCD作成、対応ポータブルプレーヤーへの書き出しまで総合環境で音楽を快適に楽しめる。 VAIO Media
VAIOに保存してある音楽、テレビ番組、写真をホームネットワークでつながった他のVAIOで再生できる。また、家の外からインターネット経由で自宅のVAIOにアクセスして放送中のテレビ番組を見ることもできる。
Smart Network
自宅や会社、ワイヤレスLANアクセスポイントが設置してあるカフェなど、ネットワーク環境が変わると検知し、ネットワークの設定を自動で切り換える。 HD革命/BackUp Lite
「バックアップ」と「復元」ボタンだけのシンプルな操作画面で、手持ちのVAIOのデータのバックアップや復元が行える。 AQUAZONE 水中庭園 for VAIO
水槽に見立てたtypeUの液晶画面の中で、熱帯魚をバーチャルに観賞できるシュミレーションソフト。

十分な速度と最高の小ささ 2005-05-31
買う前にどういう用途でこのパソコンを使うかを明確にできるかで
タンスの中の置物になるか毎日持ち歩くものになるのかが分かれると思います
小さいけれどある程度の処理能力があるので家の環境を持ち歩きたい
映像や音楽を持ち歩いて、家でも使いたい
家で寝転んで使いたい
の三点くらいが候補になるつかいかたではないでしょうか?
最終的には三番目に落ち着いてしまう可能性が高いのですが・・・
理由は、
?HDDが20しかない=入れたいソフトが全部入らない、音楽も全部入らない
?バッテリーが持たないので外で使うには不便
?画面があまりにも小さい
などが上げられます。
移動先にディスプレーがあり、USBハブでキーボードやマウスがあり
なおかつ家でも移動先でも同じPCを使いたい場合は実用として生きる可能性があります。実際、私もそうしています。文字の変換の鍛え方や設定、パスワードの登録など、小さな使い勝手が心地よいです。(多少、遅いけれど)
おもちゃとして買うか、よほどの必要性がないと物として生きてこないのは
小型PCのつらいところでもあり、楽しいところでもあると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/5/3に作成しました。








SONY VAIO UX50 ( CoreSolo U1300 512MB HDD30GB 無線LAN)[VGN-UX50]SONY VAIO UX50 ( CoreSolo U1300 512MB HDD30GB 無線LAN)[VGN-UX50]
定価:オープンプライス


文庫本サイズのコンパクトボディながら充実したPC性能を実現
「VAIO type U」は文庫本サイズにほぼ近いコンパクトボディで、外形サイズ幅約150×高さ32×奥行き95mm。筐体にカーボン繊維入り樹脂を使用し、520gという本体重量を実現している。
PCとしての性能も充実。OSには、Microsoft(R) Windows(R) XP、CPUにはインテル(R) Centrino(R) モバイル・テクノロジーを採用し、標準バッテリーで最大3.5時間、大容量バッテリーなら最大7時間の連続使用が可能。
文庫本サイズでありながら、CF型PHS通信カードスロットとワイヤレスLAN機能を搭載している。 内蔵カメラと組み合わせて使用すれば、駅やカフェからインターネットにアクセスし、「type U」で撮影した写真をその場でブログにアップロードするなどの作業が可能。

起動時間約5秒※。優れたインターフェースで軽快にPCを操作
起動にかかる時間は、約5秒(スタンバイ状態時)。電源スイッチもしくは、本体のディスプレイ部をスライドさせるだけで起動でき、いつでも簡単に使用できる。
グリップ感と操作性を重視した筐体設計で、ユーザーインターフェースも優れている。キーボードの搭載はもちろん、4.5型ワイド液晶のディスプレイは、タッチパネルを採用。同梱のスタイラスと「VAIOタッチコマンド」により、スタイラスの動きでPCの操作を行うことができる。また、筐体部分にスティックポインターと各種操作ボタンを配置。指先だけでも、PCを軽快に操作できる。
画面の縦横表示を切り替える「画面回転機能」や、表示画面の拡大が可能な「ズーム機能」なども搭載。片手でも楽に扱える工夫が施されている。
※ スタンバイ状態から起動時

アプリケーションソフトと別売りアクセサリー群が充実
モバイルならではの使い方を提案するアクセサリーが充実。プリインストールされた豊富なアプリケーションと併せることで、ナビゲーションなど実用的な機能を使用できるほか、音楽やゲームなどのエンタテインメントを楽しむことができる。
Bluetooth GPSユニット『VGP-BGU1』(別売)を使用すれば、プリインストールされた地図アプリケーションにより、現在地からのルート検索、エリア情報の取得が可能。
また、Bluetooth オーディオコントローラー『VGP-BRM1』(別売)を使用すれば、VAIO type Uに溜めた音楽をワイヤレスで楽しむことができ、ロケーションフリーベースステーション『LF-PK1』と組み合わせれば、外出先からDVDレコーダーに録画した番組や、アナログテレビ放送を楽しむことが可能※。
※ 「ロケーションフリープレイヤーPC用 LFA-PC2」(別売)が必要です。

指紋認証で安全・確実にログオン
本体に指紋センサーを搭載し、指でなぞるだけのシンプルな操作で個人認証ができる。電源入力、ハードディスク、Windows(R)のログオン時のパスワードを都度入力する手間を省いてログオンでき、また第三者の不正使用を防止する。

その他の主なトピックス
DLNAに対応
VAIO Media Ver.5.0を搭載することにより、全機種DLNAに対応している。
環境への取り組みの強化
今回発売のVAIOは「RoHS指令」※1および「J-Moss」※2に対応し、環境への取り組みを強化している。なお、2006年4月以降発表されたVAIOはRoHS指令に対応し、 J-Mossグリーンマークにも適合している。
※1 RoHS指令とは
EU加盟25カ国で2006年7月1日に発効する、欧州市場において、電気・電子機器に対し環境に影響を与える可能性のある化学物質(カドミウム、鉛、水銀、六価クロム、ポリプロモビフェニル、ポリプロモジフェニルエーテル)の使用を禁止する指令です。
※2 J-Mossとは
2005年12月に公示された、電気・電子機器の特定の化学物質(カドミウム、鉛、水銀、六価クロム、ポリプロモビフェニル、ポリプロモジフェニルエーテル)の含有表示方法を示した日本工業規格。J-Mossが規定した、特定の化学物質の含有が基準以下に管理されている商品にはJ-Mossグリーンマークが表示されています。

可能性や斬新さは★5 使い勝手が・・★3 2006-07-19
業務利用の為に実際は普通のノートパソコンでも良かったのですが、小型というのと目新しさから選択。

話題のオリガミとは迷ったわけですが。



使ってみるとバッテリー駆動時間は標準でまったく気にならない。というか割り切って使うべき。

キーボード配列は正直使いにくい。

たとえばウィルコムZERO3は"Enter"の位置は右下端で多少大きいのに、こちらは同サイズだし下から三番目にあります。

手書きを重視なのかもしれませんが。



多々割り切る部分は必要だが、このサイズでWindowsXPが動く時点で他のPDA端末とは利用できることの可能性が全く異なります。

Wirelessでプロジェクターに繋いでその場でプレゼンできたり、まぁノートパソコンのようなものです。

ただ、家庭利用を考えたときには金額がネックになるかと。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/5/3に作成しました。







SONY VAIO typeF TV FT51B(CoreDuoT2300,1GB,160GB,15SONY VAIO typeF TV FT51B(CoreDuoT2300,1GB,160GB,15"4ワイドTFT,DVDスーパーマルチ) [VGN-FT51B]
定価:オープンプライス


スリムなテレビ。しかも高画質・高音質。見て、録って、楽しむ。薄軽テレビ・ノート
ソニーの独自技術により実現した最厚部約7mm、軽量約600gの薄型液晶ディスプレイを採用。小型テレビチューナーを搭載し、従来比約半分の面積になった新開発の「MPEGエンコーダーボード」を搭載。これらによりテレビ・ノートでありながら、最薄部約30mm、軽さ約2.9kgという薄型・軽量化に成功した。

高輝度・高色純度を誇る「クリアブラック液晶」(ピュアカラー)
黒の締まった鮮明な映像を表示する「クリアブラック液晶」が、さらに性能をアップ。色純度をますます高めた。色の表現範囲が広いので、赤・青・緑の原色を鮮やかに再現する。輝度を高めるなど性能を向上させながら、薄型化・軽量化を達成した。

激しい動きもなめらかに、高画質化ソフトウェア「Motion Reality LE」搭載
テレビ視聴や録画番組の再生時に、ソフトウェアによる処理で映像のギザギザ感を低減。スポーツなど動きの激しい映像も、なめらかに表現する。

テレビもDVDも迫力の音質「リッチサウンドスピーカー」
従来のノートパソコンでは出にくかった中低音をバランスよく再生する、バスレフ型のボックススピーカーを本体前面に搭載。立体的で重厚感のある音に。「クリアブラック液晶」(ピュアカラー)の高画質ワイド画面と合わせて、テレビやDVDを臨場感いっぱいに観賞できる。

シーンに会わせてチューニングできるtypeF TV専用「オーディオフィルター」
従来の音楽ジャンルに合わせたチューニングではなく、音楽を聴くシーンと「リッチサウンドスピーカー」の特性に合わせてチューニングされた「オーディオフィルター機能」。シーンに応じたサウンドが楽しめる。

原音に忠実なサウンドを再現する、高音質エンジン「Sound Reality」
ソニーのプロオーディオ技術をベースに開発された高音質サウンドチップを搭載。SN比107dBというオーディオコンポーネントに匹敵する低ノイズを実現した。ノイズを抑えた、原音に忠実なサウンドを再現する。

快適に使える、約160GBの大容量HDDと高速メモリー
テレビ番組をたっぷり録画できる約160GBの大容量ハードディスクを搭載。さらにDDR2メモリーは、転送速度を2倍にするデュアルチャンネル転送にも対応。テレビの視聴や録画がスムーズ。

DVD±R 2層記録対応のDVDスーパーマルチドライブ搭載
多彩なDVDメディアに対応するDVDスーパーマルチドライブを搭載。DVD+R/-Rの2層記録に対応し、最大8.5GBの大容量の書きこみが可能。高画質(MPEG2 8Mbps)で録画した2時間番組も1枚のディスクに記録できる。

次世代規格ExpressCardにも対応する優れた拡張性
“メモリースティック”や“メモリースティック Duo”、SDメモリーカードを直接差しこめるスロットを搭載。さらに、高速転送が可能なExpressCardスロット(/34、/54対応)も1基搭載。

インターネットショッピングに便利な「FeliCaポート」
「FeliCa」対応リーダー/ライター「FeliCaポート」を搭載。「Edy(エディ)カード」や「おサイフケータイ」をかざすだけで、インターネットショッピングでの支払い手続きが完了する。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/5/3に作成しました。







SONY VAIO A(P-M750,512MB,17SONY VAIO A(P-M750,512MB,17"ワイドTFT, DVDスーパーマルチ, TV機能,無線LAN) [VGN-A63]
定価:オープンプライス


ゆとりある大画面、17型ワイドWXGA+液晶
WXGA+(1440×900ドット)対応の17型ワイド液晶を採用。XGA(1024×768ドット)液晶と比べ約1.6倍の情報量を表示する。同時に複数のウィンドウを開いても広々と使えるので、動画編集などの作業も効率アップ。テレビやDVDも迫力あるワイド画面で楽しめる。

2層記録にも対応。DVDスーパーマルチドライブを搭載
多彩なDVDメディアに対応するDVDスーパーマルチドライブを搭載。最大8.5GBの大容量書きこみができる2層記録にも対応し、2時間の高画質動画(MPEG2 8Mbps)も1枚のディスクに記録できる。

インテル Pentium M プロセッサー 750 (1.86 GHz)
処理速度を高速に保ちながら、バッテリー駆動時間を長持ちさせる。

533MHzの高速システムバス
バスクロックが高速化。CPUの性能をフルに引き出して、快適に操作ができる。

ビデオメモリー最大256MBの高速グラフィックカード「ATI MOBILITY RADEON X600」
大容量128MBのビデオメモリーを備えながら、さらにATI Technologies社の「HyperMemory」技術により、画像処理時や作成時に最大256MBまでシステムメモリーから活用可能。精密な描画性能が要求される3Dゲームやストリーミング映像などもスムーズに再生できる。

シリアルATA対応、5400回転/分の高速ハードディスクドライブ
シリアル転送方式を採用。データの読み出し・書きこみを高速化する。

新世代プラットフォームに対応。新規格のDDR2メモリー
空きスロットに同容量のメモリーを増設することでデュアルチャンネル転送にも対応。最大6.4GB/sの高速転送が可能。2.4GHz(IEEE 802.11b/g)ワイヤレスLAN搭載。

インテル HD オーディオ
オーディオ再生をスムーズに。高度なオーディオ・コンテンツをサポートする。

テレビとつないでハイビジョン出力が出来る、D4映像出力アダプター
本体の外部ディスプレイ出力端子(VGAタイプ)に接続し、D端子搭載のテレビとケーブルでつなげば、ハイビジョン画質の静止画や映像をテレビの大画面で鑑賞できる。また、D端子は、525i、525P、1125i、750P信号が扱えるD4規格に対応している。

メモリースティックDuo対応のメモリースティックスロット搭載
“メモリースティック”に加え、標準サイズの約3分の1の大きさの小型機器向けメディア“メモリースティック Duo”を、アダプターなしで直接使用できる。さらに、“メモリースティック PRO”の高速データ転送にも対応し、最大1GBの大容量データを、スピーディーに書きこみ・読み出しできる。

多様なメモリーカードに対応する、メモリーカードアダプターを付属
さまざまなメモリーカードに対応する、PCカードタイプのメモリーカードアダプターを付属。“メモリースティック”のほか、スマートメディア、SDメモリーカード、マルチメディアカードが使用できる。

AV機能を集結させた、AVパワーアップステーションを付属
テレビと音楽を楽しめる、付属のAVパワーアップステーション。豊富な端子を備え、プリンターなどの周辺機器はもちろん、テレビアンテナやスピーカーにも接続できる。AVパワーアップステーションに本体を接続して、高画質テレビや高音質オーディオを堪能。また、本体との脱着が手軽なので、部屋を移動して楽しむときにも便利。じっくり鑑賞したいときはデスクで、本体だけ別の部屋へ持ち出して場所を変えて楽しむこともできる。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/5/3に作成しました。







SONY VAIO F(P-M750,512MB,15SONY VAIO F(P-M750,512MB,15"4ワイドTFT, DVDスーパーマルチ, 無線LAN) [VGN-FS71B]
定価:オープンプライス


家だからワイド。家でこそスリム。これからのホームノート
高解像度のワイドWSXGA+(1680×1050)液晶を搭載。表示領域はXGA液晶の約1.3倍。メールをしながら、インターネットをするなど、2つのウィンドウを並べて表示できる広さ。また、ワイド画面なので全画面表示でDVD鑑賞ができる。映りこみの少ない「クリアブラック液晶」(2灯)で、鮮明な映像を再生。

移動する、収納するときは、薄型が便利
最薄部25.4mmのスリムボディ。15.4型ワイド液晶を搭載しながらも、約2.9kgの軽量化を達成した。使わないときは、閉じて机の中に収納。また、立てたまましまえる縦置きスマートケース(別売)も用意した。ワイヤレスLANを内蔵し、部屋から部屋へ、この薄さ、この軽さならワイヤレスで気軽に移動できる。

メインマシンとして使える高性能
高度なシステム性能を備えた、インテル Pentium Mプロセッサーを搭載。100GBの大容量ハードディスクや、データ転送速度を約2倍にするデュアルチャンネル転送対応メモリーなど、メインマシンとしても使える充実のハードウェア。また、2.4GHz(IEEE 802.11b/g)ワイヤレスLANを内蔵。スイッチひとつで通信が可能。

3Dゲームもスムーズに表示するグラフィックチップ、NVIDIA GeForce Go 6200を搭載
描画の高速処理を実現する、NVIDIA GeForce Go 6200を搭載。TurboCacheテクノロジーによる128MBのビデオメモリーに加え、PureVideoテクノロジーを搭載。Shader Model 3.0をサポートし、3Dグラフィックスなどの高精細動画を鮮明で滑らかに再生する。

2層記録対応の、DVDスーパーマルチドライブを内蔵
さまざまなDVDに対応するDVDスーパーマルチドライブを内蔵。DVD+R 2層記録も可能なので、最大で8.5GBの大容量を書きこめる。高画質映像などを記録するときに便利。

メモリースティックコンボスロット
“メモリースティック”に加え、“メモリースティック Duo”を、アダプターなしで直接使用できるメモリースティックコンボスロットを装備。「メモリースティック PRO」の高速データ転送にも対応し、スピーディーに書きこみ・読み出しできる。

メモリーカードアダプター
さまざまなメモリーカードに対応する、PCカードタイプのメモリーカードアダプターを付属。スマートメディアや、SDメモリーカード、マルチメディアカードなどが使用できる。

「Photo」写真を整理しながら、アルバム作成、公開もできる
デジタルカメラや携帯電話の写真をVAIOに保存。さまざまなメモリーカードに対応できるメモリーカードアダプターを付属しているので、スムーズに写真を取りこめる。付属のソフトウェアを活用して、写真の管理、加工やアルバム作成などができる。

「DVD」ハンディカムの映像を、DVD作品にして鑑賞
ハンディカムの映像やアナログ映像をわかりやすい操作でDVDに記録。DVDスーパーマルチドライブ装備なので、さまざまなDVDに対応する。DVD+R 2層記録にも対応。最大で8.5GBの映像を書きこめるので、2時間の高画質動画(MPEG2 8Mbps)を高画質のまま1枚のディスクに記録できる。

「Music」好きな曲を選んで、オリジナルCDづくり
音楽CDをVAIOにストック。ソフトウェアで楽曲データの取りこみをはじめ、オリジナルCDの作成や曲の管理も可能。お持ちの画像をCDのジャケットとして登録できるので、曲を探すときも便利。

「TV」リモコンで、テレビを見る、録る
TVチューナー内蔵のテレビポートリプリケーター(別売)を本体に装着すれば、リモコン操作でテレビの視聴や録画もできる。キーワードの設定だけで自動録画する「おまかせ・まる録」にも対応。録画した番組はDVDに記録もできる。

使いやすい! 2005-09-02
値段が高いのは少々気になる所ではありますが、解像度・CPU・グラフィックボードの良さで選びました。
広い画面で仕事をされたい方にはかなりお勧めです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/5/3に作成しました。








SONY VAIO F(C-M370,512MB,15SONY VAIO F(C-M370,512MB,15"4ワイドTFT, DVDスーパーマルチ,無線LAN) [VGN-FS31B]
定価:オープンプライス


家だからワイド。家でこそスリム。これからのホームノート
15.4型ワイドWXGA液晶を搭載。表示領域はXGA液晶の約1.3倍。メールをしながら、インターネットをするなど、2つのウィンドウを並べて表示できる広さ。また、ワイド画面なので全画面表示でDVD鑑賞ができる。映りこみの少ない「クリアブラック液晶」(2灯)で、鮮明な映像を再生。

移動する、収納するときは、薄型が便利
最薄部25.4mmのスリムボディ。15.4型ワイド液晶を搭載しながらも、約2.85kgの軽量化を達成した。使わないときは、閉じて机の中に収納。また、立てたまましまえる縦置きスマートケース(別売)も用意した。ワイヤレスLANを内蔵し、部屋から部屋へ、この薄さ、この軽さならワイヤレスで気軽に移動できる。

メインマシンとして使える高性能
高度なシステム性能を備えた、インテル Celeron Mプロセッサーを搭載。80GBのハードディスクや、データ転送速度を約2倍にするデュアルチャンネル転送対応メモリーなど、メインマシンとしても使える充実のハードウェア。また、2.4GHz(IEEE 802.11b/g)ワイヤレスLANを内蔵。スイッチひとつで通信が可能。

2層記録対応の、DVDスーパーマルチドライブを内蔵
さまざまなDVDに対応するDVDスーパーマルチドライブを内蔵。DVD+R 2層記録も可能なので、最大で8.5GBの大容量を書きこめる。高画質映像などを記録するときに便利。

メモリースティックコンボスロット
“メモリースティック”に加え、“メモリースティック Duo”を、アダプターなしで直接使用できるメモリースティックコンボスロットを装備。「メモリースティック PRO」の高速データ転送にも対応し、スピーディーに書きこみ・読み出しできる。

メモリーカードアダプター
さまざまなメモリーカードに対応する、PCカードタイプのメモリーカードアダプターを付属。スマートメディアや、SDメモリーカード、マルチメディアカードなどが使用できる。

「Photo」写真を整理しながら、アルバム作成、公開もできる
デジタルカメラや携帯電話の写真をVAIOに保存。さまざまなメモリーカードに対応できるメモリーカードアダプターを付属しているので、スムーズに写真を取りこめる。付属のソフトウェアを活用して、写真の管理、加工やアルバム作成などができる。

「DVD」ハンディカムの映像を、DVD作品にして鑑賞
ハンディカムの映像やアナログ映像をわかりやすい操作でDVDに記録。DVDスーパーマルチドライブ装備なので、さまざまなDVDに対応する。DVD+R 2層記録にも対応。最大で8.5GBの映像を書きこめるので、2時間の高画質動画(MPEG2 8Mbps)を高画質のまま1枚のディスクに記録できる。

「Music」好きな曲を選んで、オリジナルCDづくり
音楽CDをVAIOにストック。ソフトウェアで楽曲データの取りこみをはじめ、オリジナルCDの作成や曲の管理も可能。お持ちの画像をCDのジャケットとして登録できるので、曲を探すときも便利。

「TV」リモコンで、テレビを見る、録る
TVチューナー内蔵のテレビポートリプリケーター(別売)を本体に装着すれば、リモコン操作でテレビの視聴や録画もできる。キーワードの設定だけで自動録画する「おまかせ・まる録」にも対応。録画した番組はDVDに記録もできる。

テレビなしの万人向けモデル 2005-04-26
これは、Fシリーズに共通する特徴ですが、
机の上で据え置きで使うのをメインにしたノートとして、
VAIOの中では、比較的、万人向けに、
手堅くまとめられていると思います。
テレビチューナーが別売りなのが、この頃の流行とは、
ちょっと、ずれていますけど、わざわざPCを使わなくても、
単体のDVDレコーダーを買った方が、よっぽど、使い勝手は良いですし、

れほど、問題にはならないと思います。
Fシリーズの中でも、31は、CPUがセレロンである点と、
ディスクの容量が100GBではなく、80GBである点を除けば、
上位の51と同等なので、価格の差と、Mの付いたセレロンが、
それほど、Pentium系に劣らないことを考えれば、
こちらのモデルの方が、お得感があると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/5/3に作成しました。








SONY VAIO A(C-M370,512MB,15SONY VAIO A(C-M370,512MB,15"4ワイドTFT, DVDスーパーマルチ, TV機能,無線LAN) [VGN-AS33B]
定価:オープンプライス


好きな番組は、どんどん録ってDVDに。「FeliCaポート」も搭載、新テレビ・ノート
本体キーボード上部に、テレビ機能やCD・DVDの再生ができる「ワンタッチボタン」を配置。再生や停止なども、AV機器のように操作できる。

映像を明るく鮮明に映しだす、15.4型ワイド「クリアブラック液晶」
高輝度・高コントラスト・広視野角の「クリアブラック液晶」を採用。明るく黒の引き締まった、鮮明な映像を映しだす。さらに、ARコーティングが施されているので、気になる外光の映りこみをカット。ワイドサイズの美しい画面で、映像を楽しめる。

録画予約は、リモコンで「番組表」を呼びだし、番組を選ぶだけ
リモコンの[番組表]ボタンのひと押しで、最新の番組表を呼びだせる。あとはリモコンで、録画したい番組を番組表から選ぶだけで予約完了。番組表を見ながらの手軽なリモコン操作で、スムーズに録画予約ができる。

録画した番組は、リモコン操作だけで、DVDに記録
ハードディスクに録画した番組を、リモコン操作だけでDVDに記録できる。録画番組1本だけをDVDにしたり、連続ドラマなど複数の番組を1枚のDVDにしたりも可能。記録したDVDは自動的にメニュー画面が作成され、番組名や日時、サムネイルがつく。他のVAIOやDVDプレーヤーなどでも鑑賞できる。

1枚のDVDに収まるよう自動で画質調整する「ぴったり1枚機能」
録画したテレビ番組の映像が、DVDの空き容量を超える場合、1枚のDVDに収まるように、画質を自動的に変換して書きこみる。面倒な設定の必要がなく、容量オーバー分の映像を事前にカットする手間も省く。

VHSテープなどのアナログ映像も、手軽にDVDに
付属のソフトウェア「Click to DVD」を使えば、ハンディカムで撮った映像はもちろん、VHSテープや8ミリビデオなどのアナログ映像もDVDに作成可能。ビデオデッキなどのアナログ機器とVAIOを接続し、クリック中心の操作でDVDに仕上げられる。

2層記録対応DVDスーパーマルチドライブを搭載
多彩なDVDメディアに対応するDVDスーパーマルチドライブを搭載。また、最大8.5GBの大容量書きこみができる2層記録にも対応。 例えば、高画質(MPEG2 8Mbps)で録画した2時間番組も、1枚のディスクに記録できる。

新搭載の「FeliCaポート」にかざすだけで、インターネットショッピング
「FeliCa(フェリカ)」対応リーダー/ライター「FeliCaポート」を搭載。「Edy(エディ)」カードや「eLIO(エリオ)」カード、「おサイフケータイ」をかざすだけで、インターネットショッピングでのお支払いが完了。スピーディー&スマートに、キャッシュレスで決済できる。また、「Suica(スイカ)」や「ICOCA(イコカ)」なら、かざすだけで、電車の利用履歴や残高の確認ができる。

各種メモリーカードに対応。デジタルカメラとの連係もスムーズ
“メモリースティック”に加え、“メモリースティック Duo”も直接使用できるメモリースティックスロットを装備。「メモリースティック PRO」の高速データ転送にも対応し、スピーディーに書きこみや読みだしができる。さらに、PCカードタイプのメモリーカードアダプターを付属。さまざまなメモリーカードに対応し、デジタルカメラからVAIOへの静止画の取りこみもスムーズに行える。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/5/3に作成しました。







SONY VAIO F (C-M360, 256MB, 15SONY VAIO F (C-M360, 256MB, 15"4ワイドTFT, DVDスーパーマルチ) [VGN-FS21B]
定価:オープンプライス


家だからワイド。家でこそスリム。これからのホームノート
15.4型ワイドWXGA液晶を搭載。表示領域はXGA液晶の約1.3倍。メールをしながら、インターネットをするなど、2つのウィンドウを並べて表示できる広さ。また、ワイド画面なので全画面表示でDVD鑑賞ができる。

移動する、収納するときは、薄型が便利
最薄部25.4mmのスリムボディ。15.4型ワイド液晶を搭載しながらも、約2.85kgの軽量化を達成した。使わないときは、閉じて机の中に収納。また、立てたまましまえる縦置きスマートケース(別売)も用意した。

メインマシンとして使える高性能
高度なシステム性能を備えた、インテル Celeron Mプロセッサーを搭載。60GBのハードディスクなど、メインマシンとしても使える充実のハードウェア。

2層記録対応の、DVDスーパーマルチドライブを内蔵
さまざまなDVDに対応するDVDスーパーマルチドライブを内蔵。DVD+R 2層記録も可能なので、最大で8.5GBの大容量を書きこめる。高画質映像などを記録するときに便利。

メモリースティックコンボスロット
“メモリースティック”に加え、“メモリースティック Duo”を、アダプターなしで直接使用できるメモリースティックコンボスロットを装備。「メモリースティック PRO」の高速データ転送にも対応し、スピーディーに書きこみ・読み出しできる。

メモリーカードアダプター
さまざまなメモリーカードに対応する、PCカードタイプのメモリーカードアダプターを付属。スマートメディアや、SDメモリーカード、マルチメディアカードなどが使用できる。

「Photo」写真を整理しながら、アルバム作成、公開もできる
デジタルカメラや携帯電話の写真をVAIOに保存。さまざまなメモリーカードに対応できるメモリーカードアダプターを付属しているので、スムーズに写真を取りこめる。付属のソフトウェアを活用して、写真の管理、加工やアルバム作成などができる。

「DVD」ハンディカムの映像を、DVD作品にして鑑賞
ハンディカムの映像やアナログ映像をわかりやすい操作でDVDに記録。DVDスーパーマルチドライブ装備なので、さまざまなDVDに対応する。DVD+R 2層記録にも対応。最大で8.5GBの映像を書きこめるので、2時間の高画質動画(MPEG2 8Mbps)を高画質のまま1枚のディスクに記録できる。

「Music」好きな曲を選んで、オリジナルCDづくり
音楽CDをVAIOにストック。ソフトウェアで楽曲データの取りこみをはじめ、オリジナルCDの作成や曲の管理も可能。お持ちの画像をCDのジャケットとして登録できるので、曲を探すときも便利。

「TV」リモコンで、テレビを見る、録る
TVチューナー内蔵のテレビポートリプリケーター(別売)を本体に装着すれば、リモコン操作でテレビの視聴や録画もできる。キーワードの設定だけで自動録画する「おまかせ・まる録」にも対応。録画した番組はDVDに記録もできる。

macユーザーの視点 2005-07-20
〜薄型で、画面も大きいということで他のメーカーにはないモデルです(富士通は分厚いで
す)。一方で、中身方はスペックはだいたい他のメーカーとだいたい同じくらい。っと言うこ
とが、このマシーンの他社製品との比較といっていいでしょうか。
ただ一点、持ち運びする人には大きな問題があります。それは、持ち運びする際のバックで市
販されているも〜〜ので、なかなかこのマシーンが入るものがないのです。とすると、SONY純正
の5千円程度するバックを買わないとなりません。非常にだるいです。〜


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/5/3に作成しました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログランキング1位!
Excerpt: ブログランキング1位!
Weblog: 知らないとゼッタイ損する無料レポート情報
Tracked: 2007-05-03 23:50

ブログランキング1位!
Excerpt: 『サユりん.bizの人気ブログランキング1位を2ヶ月でGETできた秘訣!』
Weblog: 知らないとゼッタイ損する無料レポート情報
Tracked: 2007-05-03 23:51

テレビ パソコンの最新情報!
Excerpt: パソコンヘッドラインから最新情報をご紹介!無線LANを使う上での注意点4、基本的に車や電車などで移動をしながら無線LANを使用することはできません。 公衆無線LANは、アクセスポイントの数十メートル以..
Weblog: パソコンヘッドライン
Tracked: 2007-07-08 05:33
最新のノートパソコンを格安で手に入れよう!

キーワード例
Aspire One 格安
IdeaPad 格安
Eee PC 格安
VAIO セール
VAIO ○○県 セール
SOTEC DC101 セール
SOTEC DC101 ○○県 セール


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。