スポンサードリンク

ドコモはなぜそんなに消極的なのか?

ドコモの消極的な態度は、いつまでたっても海外で日本の携帯の会社が活躍する機会を奪っています。

ライブドアニュースより引用
「市場縮小は確実」(NTTドコモ)「ドコモのシステムは出来損ないか」(研究会)――。

 総務省が2月2日開催した「モバイルビジネス研究会」では、激しい論戦が繰り広げられた。

 携帯キャリア主導による垂直統合型のビジネスモデル、端末の販売奨励金制度、SIMロック(契約者情報搭載カードの利用制限)――など、今ある携帯電話業界の根底を流れるさまざまな問題。

 モバイルビジネス研究会では、これらについてその是非を徹底研究し、国際的な観点から同業界の競争力強化に向けた必要事項を洗い出すことを目的に開催している。その第2回では、オブザーバーとして参加したドコモの消極的な意見に研究会構成員たちの非難が集中し、中にはドコモの主張を消費者無視の“村社会の論理”と痛烈に批判する声も飛び出した。ここまで


やり取りを見る限り、ドコモは自分達の優位性を日本で保とうとしているのが良くわかりますが、それにこだわると世界に羽ばたけません。

海外に在住する私としては、日本のキャリアーが全く外国で活躍していないのが残念な限りなのですが。

もう少し柔軟になって欲しいものです。





| 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最新のノートパソコンを格安で手に入れよう!

キーワード例
Aspire One 格安
IdeaPad 格安
Eee PC 格安
VAIO セール
VAIO ○○県 セール
SOTEC DC101 セール
SOTEC DC101 ○○県 セール


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。